【プログラミングゲーム 義務教育】対策してる?

プログラミング

こんにちは!ともこ氏です。学校で、プログラミングの授業は始まりましたか?

小学校では2022年からプログラミングが必修化になり、どのような授業なのか、また、内容によってはスクールや通信教育に通う事も視野に入れなくてはいけないのか?悩むところですよね。今回はこのような悩みを解消できるように記事を用意しました!

小学校でのプログラミングの授業はどのような内容なのか

一言でいうと、ビジュアルプログラミング言語(指令入りのパズル)を組み合わせてプログラミングを行う形式です。

言葉で説明すると小難しく感じますが、スクラッチを知っていますか?無料でダウンロードできるプログラミングを作ったり、人が作った作品で遊んだり、アレンジしたりもできる物なんですが、

ブロックに文字が書いていたり、自分で入力できたりするのでオリジナルの指令も生み出せる優れものなんです。

つまり、授業内容としてはプログラミングコードを書いたりするのではなく、ゲームっぽい感じの物を動かして、論理的思考を身に着けていこう!という意味合いが強いですね。

なので、自宅にパソコン、タブレットがあれば簡単にダウンロードできるので一度どのようなものか見てみるのをお勧めします。

スクラッチ↓

Scratch – Imagine, Program, Share (mit.edu)

ページに移動したら、【作る】のタブを押すと開始できますよ。

手作り感たっぷりのシュールなゲームを作っている人がいたりして、覗いてみると結構面白くて、子供たちはゲラゲラ笑いながらのめりこんでいたりします。

たくさんのゲームが公開されているのでお子さんと一緒に覗いてみてくださいね。

Scratch – 見る (mit.edu)

授業についていくために自宅で教材を用意した方がいいのか?

結論をいうと学校のプログラミングの授業はパソコンを使用してゲーム感覚の内容を繰り返し行う内容。という理解となります。

さらに言うと、プログラミング専門の先生が授業を行うわけではなく、担任の先生が行います。教科書やプリントが配布されるわけではありませんし、プログラミングの授業として評価を受けるわけでもありません。

つまり、授業についていけるかわからないから、スクールで勉強させた方がいいか?という疑問に関しては、その必要はないのではないか。と私は考えています。

ただし、小学校でプログラミング授業が終わるわけではありません。

どのような段階を踏んでいくのかというと、小学校1年生から始まる学校もあれば、3,4年の中学年から始まる学校もあるようで、学校ごとの判断で学習開始時期は変わります。娘の場合は小学校4年生ですがプログラミングの授業ではなく、タイピングの練習が主なようです。

ずっとゲームのような内容ばかり行うの?

・小学校5年生の算数で多角形の作図を行う予定です

これについてはコチラのサイトで詳しくされていますよ↓

プログラミング必修化はいつから?そして小学生は何年生から始まるの? | 小学生・中学生のプログラミング学習 (webs-studio.jp)

一見すると「難しそう!」「すごい!」と感じますが、何でも慣れと学習の積み重ねです。一度やってみると、割とできてしまうものなので大丈夫です。

ここからスクラッチでパズルを組み合わせ、作ってみてください。一度やってみると意外とできてしまうものですよ。

小学校でプログラミングは終わりかと思うと、そうではありません。

・中学校でも技術の時間にプログラミングが必修化されています。

そもそもプログラミングが義務教育に組み込まれる理由は何なのか、どんな力を身に着ける事ができるのか

①物事を順序だてて考える力

②ある目標を達成するために過程を考え全体像を把握する力を身に着ける力

③その過程にどのような問題があり、どのように解決するのか考察する力

④それらの問題を解決すべき最適なタイミングを考え取り組むべきことの順序を決定していく力

この4つの力を身に着けることが出来れば最高ですが、小学校のプログラミングの授業だけでこのような力が身につくとは思えません。

繰り返し考える事が必要ですし、目標に見合った学習時間が設けられているというわけでもないので学校だけの授業でこの力を身に着けるのは難しいと言えます。

プログラミングを無料、独学で勉強するにはどうする?

学校が始まる前に、自宅で何かできることは無いかな?というあなたにはこちらのサイトを覗いてみてくださいね↓

無料でできる!子どもプログラミングのはじめかた – 一般社団法人Kids Code Club キッズコードクラブ

私もスクラッチくらいしか知らなかったので、とても参考になるサイトでした!

子供がプログラミングに興味がある場合はどうしたらいい?

お子さんがプログラミングに興味をもったら、プログラミングの

・ロボットを動かしたいのか

・プログラムを組みたいのか

主にどちらをやってみたいのかを聞くと導入のおもちゃを買ったときに満足度が上がりますよ!

プログラミングと一言で言っても特に何が好きなのか一緒に見ていきましょう!

①ロボットを作りたい!

床掃除ロボットや、自動ドアのロボットが作れちゃう!

公式サイト↓

うきうきロボットプログラミング (artec-kk.co.jp)

うきうきロボットプログラミング おそうじ

ロボットを作れるキットセット2種

詳しく見たい人はコチラ↓

『スタディーノではじめるうきうきロボットプログラミング』 スペシャルセット販売のお知らせ | 株式会社アーテック (artec-kk.co.jp)

Amazonでも取り扱いがあったので気になる人は見てみてくださいね。

リンクはコチラ

扱いやすいブロックと可愛らしい見た目で愛着がわきますね

Amazonの口コミを見ていても高評価が多く、導入で購入をする人が多いようですね。こまごまとしたパーツに戸惑うかもしれませんが、収納ケースの一緒についていますし、最低限のブロックから始めた方が、パーツが紛失したり、パーツを探すのに苦労したりせずに済むかもしれません。追加購入に嬉しい悲鳴を上げている親御さんもいらっしゃるようですね(*’▽’)

次に紹介したいのがレゴブーストです。

レゴブースト – Bingビデオ

LEGO BOOST + NINJAGO + CITY = AWESOME!– The Build Zone​

レゴブーストもamazonで取り扱いがありましたよ。リンクはコチラ

レゴが好きなお子さんだと、好きに改造もできるので好みのロボットに近づけることが出来ますよ。筆者もレゴブーストを1年ほど前に購入して、写真のロボットを作ったときは感動ものでした。

ただ、収納ケースを用意しないと割とかさばるので、併せて購入しておくことをお勧めします。

レゴブーストについて詳しく知りたい方はコチラの記事を参考にしてみてくださいね。

お次はプログラムを組みたい!というお子さんには、最初に紹介したスクラッチが一番始めやすいですよ。

あとは通信教育の進研ゼミz会スマイルゼミでもスクラッチを使用したプログラミングの講座を展開していますので、好みの所から覗いてみてくださいね。

独学の勉強に行き詰った場合は?

もし、プログラミングの勉強に行き詰ったら、タイピングの練習に目を向けてみてもいいかもしれません。まだ小さいお子さんなら、読み書きやローマ字打ちがスムーズにできたら、指示を出す際の文字打ちにストレスを感じにくくなるかもしれません。

タイピング練習におすすめソフトをまとめたサイトです↓

【小学生向け】無料タイピング練習オススメソフト5選|トピックス|アルスパーク! – 子ども向けオンラインプログラミング教材 (arspark.jp)

まとめ

・小学校のプログラミングの授業を恐れる必要はない

・自宅で無料でプログラミングを学ぶこともできる

 無料でできる!子どもプログラミングのはじめかた – 一般社団法人Kids Code Club キッズコードクラブ

・ブロックでロボットを作りたいお子さんには

 うきうきロボットプログラミング (artec-kk.co.jp)

 レゴブースト

先輩ママたちは実際どうしてるの?

ここまで読んで下さったあなたは、これから、何かしらのアクションを起こしてみるかと思いますが、迷ったら無料の物から順番に遊んでいくとイイと思いますよ!そうすれば、ノーリスクですし、パソコンでの学習にあまり興味を示さなければロボットを作ってみる方向にシフトチェンジもできます。

我が家の場合はレゴブースト、スクラッチ、チャレンジタッチのプログラミングを並行していく感じで触っています。割とその方面に好奇心が働いてタイピングやパソコンでローマ字打ちを早い段階でマスターしました。

チャレンジタッチのプログラミング学習だと私が横についていなくても一人で進めていけるので、勝手に学校で習うレベルまでには能力が付くようです。(私も、内容を把握していないくらいノータッチですが、学校で困る事は無いそうですよ)

近くに良いプログラミングの教室があれば通ってみるのも一つかもしれません。

スクールを選ぶ際は

・授業内容や講師の経歴を開示しているスクールを選ぶ

・ポイントは工学部の先生かどうか

・講師がプログラミング好きかどうか、見極める。好きでやっている先生なら授業展開が統一ではなく、それぞれの授業が面白く展開されている。

あなたも楽しめる教材から始めて!

色々とお話ししたので結局、どうしたらいいんだろう!と振出しに戻ってしまったかもしれませんね。でも大丈夫です。

どこで迷い始めたのか思い出してください。

お子さんは最初から一人では学習を進められませんよね?

つまり、今、この記事を読んで下さっているあなたと一緒に取り組むはずです。

その時に、あなたがやりたくないものから始めてしまうと、触る回数は絶対減りますよね?

なので、何から試してくか迷う時はお子さんと相談しながら、あなたもやってみたいものから始めてみてください。

そうすれば、楽しく、継続的に取り組むことが出来ますよ!

それではこの辺で♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました